<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
蒸し栗のパウンドケーキ
蒸し栗のパウンドケーキ

蒸し栗のパウンドケーキ(BOX入)


まるいキュートな木の箱に入った蒸し栗のパウンドケーキ。
見た目のかわいさとは裏腹に中身はとってもリッチな焼菓子です。

生地の表面で気持ちよさそうにゴロゴロしている栗の甘露煮は風合いやわらか。
火を通すとかたくなりがちな栗を手間をおしまずじっくり炊き上げてあるので、力を入れることなくナイフで切り分けることができます。栗はケーキの中にもかくれていて、ぷかぷかと気持ちよさそうにしていますので、チェックしてみてくださいね。

さて、主役の蒸し栗はなんと生地の中に練りこまれています。
ラム酒がほんのり香る生地は味わうほどに蒸し栗のやさしい味が感じられますよ。

焼菓子は日持ちもしますので、ふだん使いのプレゼントに最適です。
00:00 | 焼菓子 | - | -
アーモンドチュイル
アーモンドチュイル

アーモンドチュイル


チュイルとはフランス語で『瓦』のこと。
訳すと“フランス版・アーモンドかわらせんべい”、といったところでしょうか。

はじめて食べる方は、まず二つに割ってみてください。
なぜそうしていただきたいかというと、横からの断面をぜひ観察してほしいから(笑)

スライスされたアーモンドが一枚一枚・・・繊細な層がやがて贅沢感を形成。その断面から紡ぎだされる香ばしさは筆舌に尽くしがたい味。思わず目を閉じて味わっていることもしばしば、です。

私はアーモンドチュイルが大・大・大好きで、<ケーキ工房 森のおくりもの>に行くと必ず買い求めます。<morinoko通信>の撮影中にお客様がどんどん買い求めていかれる様子は見ていてうれしくなるのですが、残りの1個になると話は別(笑)毎回のようにデジカメを放ったらかしにして買い物をはじめるので、くま妻さんにいつも笑われてしまいます。

男性にも人気のある焼菓子ですので、今週末の『父の日』に焼菓子をプレゼントに考えていらっしゃる方、おすすめですヨ!
00:00 | 焼菓子 | - | -
森のおくりもの
森のおくりもの

森のおくりもの


<ケーキ工房 森のおくりもの>と同じ名前が名づけられた焼菓子“森のおくりもの”。

かわいい木の葉のかたち、森を形成する豊かな土壌を表しているかのような焼き色のスイートポテト。アクセントの黒豆とゴマ、隠し味のシナモンが舌の上でふんわりシンクロします。

「この値段で・・・いいの?」と心配されるお客様が後をたたないくらいお値打ちゆえ“超”がつくほど大人気。たくさんお買い求めをされる方は、事前にお電話でお問合せをされることをおすすめします。

00:00 | 焼菓子 | - | -
森の焼菓子
クッキー

クマさん夫妻の愛情がいっぱい詰まった手作りの焼菓子。

贈答品やお土産用にたいへん重宝しますが、<ケーキ工房 森のおくりもの>の焼菓子は、子供さんだけでなく大人も楽しめるので“ご自分用”に購入、という方も多いんですよ。

かくいう私もその一人。
“ちょこっとつまめる”ほどよい分量と“いろいろつまめる”リーズナブルな値段がとっても楽しい時間を作ってくれます。


当ブログでもご紹介していきますので、こちらもお楽しみに。
00:00 | 焼菓子 | - | -
Weekend Citron
citron

Weekend Citron(ウイークエンド シトロン)


『ウイークエンド』という名前は、都会で働いている人たちが週末に帰省する時に手土産として持って行ったことが由来だそうで、いつしか『週末を一緒に過ごす大切な人と食べるケーキ』として定着したのだそうです。

人それぞれに様々な週末があるように『ウイークエンド』と名のつく菓子も多種多様。パティシエたちの“ひと手間”の工夫に個性が感じられそう。

<ケーキ工房 森のおくりもの>の『ウイークエンド』は、レモンとオレンジ(オランジェ)の2種類。
全体を甘やかなジャムで包みこんだしっとりとした食感と柑橘の風味が週末の心地よさをひきたてる味。しっかりとした甘みは、一緒にいただくお茶のチョイスで印象がガラリと変わりますので、甘いものが苦手という方も、いつもより濃いめのコーヒーや紅茶と一緒にぜひ楽しんでいただきたいと思います。

ではみなさま、よい週末を。
00:00 | 焼菓子 | - | -