<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
morinoko展覧会
■はじめに■『morinoko展覧会』へようこそ。この展覧会は、書画家 永 美紫さんが<ケーキ工房 森のおくりもの>に“ありがとう”の気持ちを込めて贈られた書画全作品を公開したブログ展覧会です。これらの作品には<ケーキ工房 森のおくりもの>の原点や魅力がたくさん詰まっています。みなさま自身がご存知である<ケーキ工房 森のおくりもの>にまた新しい発見が生まれることを願って開催いたします。 / 『morinoko通信』発信係・こじか

・・・・・・・・・・

morinoko080216
幸せいっぱいかわいい森のおくりもの 2007.4.21
永さんが初めて来店されたときの印象を色紙にしてプレゼントされたもの。
<ケーキ工房 森のおくりもの>の楽しいイメージから誕生したくまちゃんのチャームポイントは“ほっぺ”。まるくてかわいい赤色は喜びのバロメーターなんだそう。ちなみに描かれているケーキはいちごの森と6層のブルーベリーバニラ。永さん「初めての来店時においしくて・・・ケーキ2個食べました(笑)その時食べたケーキです。」ドリンクはクマ妻さんが心を込めて淹れるアールグレイ。


morinoko080216
大好きなお母さんいつもありがとう 2007.5.6
小さなかわいい色紙にしたためられた書画は、かつてパティシエールとして仕事をされていた経験がある永さんが、母の日のケーキの準備で忙しいクマさん夫妻への陣中見舞いとして贈られたもの。「くまちゃんの、お母さんを見る表情がとても好き」とパティシエクマさんのお気に入り。くまちゃんも大のお気に入りのようで、永さんの落款を真似て『こぐま』って落款を・・・手書きで書いてます(笑)森の母の日にはショーケースの店頭に飾られ、お客様の笑顔を誘いました。


morinoko080216
夏遊びのフルコース♪デザートは森のゼリーをどうぞ 2007.7.22
『morinoko通信』にも登場いただいた作品。「森でたくさん遊んで家に帰ると、お母さんがおやつに<ケーキ工房 森のおくりもの>のゼリーをだしてくれるんだヨ♪」くまちゃんはうれしくて、夏の森で出会うお客様に楽しそうに話をしています。自分がうれしかった経験をみんなにも体験してもらいたい・・・<ケーキ工房 森のおくりもの>のサービス精神にもしっかりつながっていますね。


morinoko080216
9月のカレンダー 2007.8.14
来店すると居心地が良くてついつい長居をしていまうという永さん。森の子カフェで目にしたカレンダーを見て、くまちゃんバージョンを作ってみようとポストカードに即興で。くま妻さんのお気に入りです。


morinoko080216
森パパとくせいすいーとぽてと「森のおくりもの」ほくほく幸せ召し上がれ♪ 2007.11.3
<ケーキ工房 森のおくりもの>の名前が名づけられた焼菓子・森のおくりもの。以前から「いつか描いてみたかった」永さんが、秋深まる人恋しい季節に満を持して描いた作品。森パパはもちろんパティシエのクマさんがモデル。・・・あれれ?落款が『くぱ(くまぱぱ)』になってる!!・・・初登場の森パパ、よっぽどうれしかったのでしょうね。
こじかフォトジェニック賞受賞作品デス(笑)


morinoko080216
森パパとくせいケーキで家族ですごすあったかくりすます 2007.11.23
待ちに待ったクリスマス!とても大きな色紙に描かれたこの作品は、森でなんと3時間もかけて完成した渾身の作!!森のクリスマス準備に余念のないサンタさん達に「永ちゃん、たのむで〜!」と関西弁でプレッシャー、いや、大声援の中、誕生しました。
描かれたやさいい笑顔のパパとママはクマさん夫妻、子供はクマさん夫妻が心を込めて作るクリスマスケーキ。森のあったかいクリスマスの様子が心に響きます。
この作品にはもう一つ、色紙の裏面が使われていることが特徴。永さんにお聞きしたところ、以前は現在の表面である白い面が裏だったのだそうで、実際に書くときには「(自分のようなものが)表に文字や絵をかくことはおこがましい」と謙遜して敢えて裏面に書いたのだそう。今回、永さんは「裏面のキラキラした金色がクリスマスの楽しい雰囲気にピッタリ」と裏面を使ったのだそうです。アイデアですね。それにしても森のパパとママ・・・クマさん夫妻にそ〜っくり!!


morinoko080216
ねずみさんも大好き森のおくりものとくせいケーキ 2008.1.1
『morinoko通信』にも登場いただいた作品。カレンダー色紙に描かれた作品の主役は今年の干支・ねずみさん。今年の初おやつのケーキを楽しみにしていたくまちゃんですが、今日はねずみさんに譲ることにしました。<ケーキ工房 森のおくりもの>がそうであるように、クマちゃんも成長しているんですね。


morinoko080216
くまママの想いたっぷり愛の森のおくりもの 2008.2.3
『morinoko通信』にも登場いただいた作品。森のバレンタインをテーマした作品は、クマさん夫妻の想いそのもの。お二人の深く深く結ばれた愛情は、森パパの帽子にヒミツとしてかくされています。それは帽子の位置。この色紙だけ帽子が左側、パティシエクマさんの若き修行時代をあらわしています。「いつか二人でお店を持ち、お客様の笑顔をたくさんみたい」と夢にむかってひたむきにスイーツと向き合うクマさんを信じ、支え続けたくま妻さん。当時の気持ちは今も変わることなく<ケーキ工房 森のおくりもの>の原点となっています。

・・・・・・・・・・

『morinoko展覧会』いかがでしたでしょうか。


「お客さんが喜んでくれる“うまいもん”をつくる。」

<ケーキ工房 森のおくりもの>は初夏に3周年を迎えます。
お客様の最高の笑顔に導かれて成長する<ケーキ工房 森のおくりもの>をこれからもよろしくお願い申し上げます。


JUGEMテーマ:スイーツ
00:00 | morinokoマニア | - | -
スポンサーサイト
00:00 | - | - | -